ル・マン24時間レース

トヨタが、ル・マン24時間レースで勝っても、WRC世界ラリー選手権で勝っても。
こんなに熱狂的に勝利を祝福されることはないのだ。
トヨタが勝つことよりも、ホンダが勝つことの方が盛り上がるのはなぜか?
これはホンダというメーカーがモータースポーツ界では特別な地位にあることを意味している。
バイクレースの世界最高峰である「Moto GP」と自動車の最高峰「F1」この両方で
勝利することが可能なのは世界広しといえどもホンダにしかできないことなのだ。
売上ではホンダを圧倒するトヨタではあるが、サーキットにおいてはその立場が逆転することになる。
企業を成長させる原動力としてモータースポーツに取り組んできたホンダと、
車を売るための宣伝媒体としてレースをやってきたトヨタとでは、
そのブランド力に差がでるのは当然といえる。
今回のF1におけるホンダの勝利で、一番の危機感を感じたのは、
ライバルチームのメルセデスやフェラーリではなく、トヨタなのかもしれない。