犬を飼う前に知って欲しいこと

近頃、在宅ワークも増え、家で過ごす事も増えた影響かペットを飼うご家庭が増えました。
ペットショップに行くと沢山の可愛い犬たちが、自分の家族を待っています。
ついつい、飼う予定もないのに、癒されたいと小さな子犬を覗きに足を運んでしまいます。
よく見かけるのは、一目惚れしてつれて帰ってきちゃいました!と、いう人。
でもそれ、大丈夫ですか?
今ペットをおうちに迎い入れようと思っている方は是非、
一度冷静になって考えてみましょう。
まず、ペットを飼うとお金がかかるということです。
ペットショップで購入する犬は、大半が子犬だと思いますが、
始めに必ず受けなければならない予防注射があります。
ちなみに初めての狂犬病予防接種の場合、動物の登録費用も一緒にかかります。
そして毎年、予防接種は受けなければなりません。
次にご飯代。犬の健康は食べ物で決まりますので、できることならいいドックフードを与えたいものです。
動物病院や、ペットショップで与えられているドックフードは大体ロイヤルカナンなどの高級なドックフードです。
金額にすると3キロで5000弱です。人間のお米より高いかもしれません。
そしてトイレ用品です。ペットシーツは毎日消費するものです。それを生涯買い続けなければいけません。
また、トリミングなどの衛生管理も必要になります。
次に、長時間家を空けることが難しくなるということです。
旅行など行きたい時は、一緒に泊まれる宿を選ぶか、ペットホテルに預けなければいけません。
このように、飼うことのデメリットも知っておくと、こんなはずじゃなかったと後悔することも避けられます。
単に可愛いからと購入をしても、手放す人が後を経ちません。
不幸な犬を人間の勝手な理由で増やさないよう、私たちがしっかりとした知識をつけることが大切です。